事故車を売るのなら一般のお店か専門のお店のどちらかに査定してもらおう

一般か専門の買取店に見てもらおう

女性と靴と鞄

事故にあってしまった自動車を売りたいのなら、一般の買取店が事故車専門の買取店のどちらかを選ぶ必要があります。そして、選んだのなら次は事故車を実際にお店のスタッフにみてもらい、査定をしてもらいましょう。そこで提案された査定額が気に入れば、そのまま取り引きをすすめて、事故車を手放すことになります。もしも、査定額が安いと感じたのなら、そこで売るのを諦めて、次のお店との交渉に入るようにしましょう。事故車だとしても、買取ってくれるお店は数多くあるので、いろいろなところに査定してもらうことをおすすめします。例え、動かない事故車でも、それなりの価値はあるので、ただで引き取ってもらうのはもったいないです。

一般の買取店に持っていく場合

バッグと靴

事故にあった自動車をすでに修理していて、乗れる状態になっているのなら、一般の買取店で査定してもらいましょう。運転できるのならば、自動車としての価値は保ったままなので、問題なく査定をしてもらえます。ちなみに、事故にあった自動車だとしても、買取店では事故車として扱わないケースもあります。事故にあったときの損傷状態によって、事故車かそうでないかが決まるので、興味があるのなら調べてみることをおすすめします。

動かなくなった自動車を売るなら

女性

事故にあった場合、損傷が酷すぎて、修理するよりも買い換えたほうがよい状態の場合もあります。そのような事故車を持っているのなら、一般の買取店では査定してもらえないので、専門の買取店にお願いするようにしましょう。事故車を専門として買取りしているお店があるので、そちらに仕事を依頼すれば、保管スペースまで査定をしにきてくれます。全国対応するような専門買取店もあるので、事故車に対応するところが近場にないのなら、インターネットで探してみましょう。

広告募集中